脳と神経

今回は、心と精神の病気の理解を深めていただくために、
脳と神経について簡単にまとめてみたいと思います。

脳について
右利きのヒトは、左側に言語中枢があり、優位半球と呼びます。
その反対側の右側、言語中枢のない側を劣位半球と呼びます。

先ず1番外側から順に

大脳皮質(新皮質)

中心溝を境に前方に運動や(運動の中枢)-前頭葉
後方に体性感覚野(感覚の中枢)-頭頂葉
連合野(意思、思考、認知、言語、学習、記憶をつかさどる)
前頭連合野:思考、創造、意思、情操(感情、感動)、行動企画の短期記憶-前頭野
頭頂連合野:空間認知(距離、遠近、左右、上下)
側頭連合野:聴覚・言語情報処理、形態認知、長期記憶
後頭連合野:知能、理解、認知
その他
Broca中枢(運動性言語中枢)-前頭野
Wernicke中枢(感覚性言語中枢)-側頭野
各区分
前頭葉:脳全体の司令塔、思考や行動、意欲などを担う
頭頂葉:痛み、温度、圧力などの感覚や、自分の身体の感覚、方向感覚などを担う
側頭葉:聴覚、嗅覚、情緒などを担う。言語、記憶にも関係している
後頭葉:視覚中枢として、目から伝わる情報を処理、解析している

大脳基底核

大脳皮質下にある5種の神経核。運動の調整
線条体(尾状核、被核)、淡蒼球、視床下核、黒質

視床

体性感覚および特殊感覚(嗅覚を除く)の中継
特殊核群
㈰後内側腹側核(顔面口腔領域の体性感覚・味覚)
㈪後外側腹側核(脊髄領域からの体性感覚)
㈫内側膝状体(聴覚)
㈬外側膝状体(視覚)
通常痛みや不快感のブロック、ストレスでブロックが弱くなる?

小脳

身体の運動や姿勢の制御を行い、随意運動を調整する
小脳の機能障害によって推尺異常(随意運動が過大、過少となりうまく調整できない)
随意運動を始めると振戦が起こる(企画振戦)

辺縁系

本能(食欲、飲料欲、性欲、集団欲)や情動(快、不快)に基づく行動
(逃避、攻撃、摂食、飲料、性行動、集団行動など)をつかさどる
視床下部(自律神経の最高中枢)の働きに影響を与える
記憶と学習

視床下部

自律神経の最高中枢
体温調節、摂食行動、飲料行動、性行動、情動行動の調整
内分泌の調整(視床下部ホルモンの分泌、下垂体後葉ホルモンの産生)

脳幹

中脳

延髄
姿勢反射の中枢(中脳)、瞳孔反射の中枢(中脳)、排尿の上位中枢(中脳、橋)、自律神経反射の中枢(橋、延髄)
呼吸中枢(橋、延髄)、心臓中枢(延髄)、血管運動中枢(延髄)
咀嚼、嚥下、追うと、唾液分泌、消化に関する中枢(延髄)
発汗中枢、顎反射の中枢(延髄)
意識レベルの維持(上行性網様体賦活系の構成)

脊髄

脊髄反射の中枢:体性神経反射(伸展反射、屈曲反射など)、自律神経反射(排尿反射、排便反射など)

神経系
神経系-中枢神経-脳(大脳、小脳、間脳、中脳、橋、延髄)
-脊髄(頸髄、胸髄、腰髄、仙髄、尾髄)
-末梢神経-脳神経-体性神経-運動神経(遠心性):特殊臓性運動
-感覚神経(求心性):一般体性感覚、特殊体性・臓性感覚
-自立神経-副交感神経(遠心性):一般臓性運動
-内臓感覚神経(求心性):一般臓性感覚
-脊髄神経-体性神経-運動神経(遠心性):一般体性運動
-感覚神経(求心性):一般体性感覚
-自立神経-交感神経(遠心性):一般臓性運動
-副交感神経(遠心性):一般臓性運動
-内臓感覚神経(求心性):一般臓性感覚

※特殊体性感覚:視覚、聴覚、平衡感覚
※特殊臓器感覚:嗅覚、味覚
※一般体性感覚:触・圧・痛・温冷感覚(脳神経、脊髄神経の両方)
※一般臓性感覚:臓器や漿膜の触・圧・痛・温冷感覚
※一般臓性運動:自律神経系=交感神経、副交感神経
※一般体性運動:骨格筋の運動(脊髄神経)
※特殊臓性運動:骨格筋の運動(脳神経)

投稿者: Kimura Tomohiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です