皆さんよく噛んでますか?

よく噛むと唾液(だえき)がたくさん出ます。
唾液には口の中の食べ物のカスや細菌を洗い流す働きがあり、むし歯や歯肉炎の予防につながります。

唾液の組成(全体像)は次のようになっています。
99.5%:水
0.25%:有機質(主にタンパク質)
0.25%:無機質
    ・85%:重炭酸イオン(HCO??)=緩衝作用
    ・15%:リン酸塩

唾液のは大きく6つの作用がありますが、
これは主なタンパク質によるものの作用になります。
<全ての外分泌(導管による分泌)に共通>
①ムチン:粘液性の糖たんぱく質で、糖鎖の一部は血液型物質で赤血球よりも活性が高い(血液型を判断しやすい)
     細菌やウイルスを凝集させるアグルチニン作用がある

②リゾチーム:細菌の細胞壁の成分(ペプチドグリカン)を加水分解する

③ラクトフェリン:最近の生育に必要な鉄(Fe三3?)と結合して阻害

④アミラーゼ:デンプン、グリコーゲンの加水分解酵素、唾液の他、膵液にも存在

⑤分泌型IgA:免疫グロブリンIgの一種

⑥ペルオキシダーゼ:強い咬筋作用を持つヒポチアミンイオンの産生に関与

⑦炭酸脱水素酵素:緩衝作用に関わる重炭酸イオンの産生に関与

⑧ディフェンシン:微生物(細菌、真菌、ウイルスなど)の外膜に孔を形成

⑨シスタチン:システインプロテアーゼの阻害

<唾液に特有のもの>
①スタテリン(高チロシンペプチド):セリン残基がリン酸化し、Ca2?と結合→歯の再石灰化に関与

②ヒスタチン(高ヒスチジンペプチド):抗真菌作用

③酸性PRP(酸性高プロリンペプチド):セリン残基がリン酸化し、Ca2?と結合→歯の再石灰化に関与

④塩基性PRP(塩基性高プロリンペプチド):潤滑作用

以上のタンパク質がそれぞれ役割を持っています。
それを次は、役割ごとにまとめてみます。

1.化学的消化作用:「唾液アミラーゼ」の働きによって、デンプンを分解します。
  そしゃくや飲み込みの補助作用をします。

2.円滑作用:口の中を湿らせ発音をスムーズにします。

3.溶媒作用:食べ物を溶解し、舌で味覚を感じさせます。

4.洗浄作用:食べ物のカスや、細菌を洗い流します。

5.抗菌作用:リゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェリンが、病原微生物に抵抗します。

6.pH緩衝作用:急激なpHの変化を防ぎます。
  歯にカルシウムや、リンなどのミネラル分を補給します。

※pHが低くなると(いわゆる酸性)、歯の成分が溶けやすくなってしまいます。

投稿者: Kimura Tomohiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です