アレルギー

今回は、「アレルギー」について書きたいと思います。
アレルギーは恐い症状なので、覚えておいたら何かの役に立つことがあるかもしれません。

まず、アレルギーには4(5)タイプあります。
㈵型アレルギー(即時型)反応時間:数分-30分
気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、急性蕁麻疹、食物アレルギー
アナフィラキシーショック、ラッテクスアレルギー

㈼型アレルギー(細胞傷害型)反応時間:数分-数時間
自己免疫性溶血性貧血(自分の赤血球を攻撃)、Goodpasture病(自分の基底膜を攻撃)、
特発性血小板減少性紫斑病(自分の血小板を攻撃)、橋本病(自分の甲状腺を攻撃)
バセドウ病(㈸型)、重症筋無力症(㈸型)

㈽型アレルギー(免疫複合型)反応時間:3-8時間
全身性エリテマトーデス、糸球体腎炎、血管炎、アルサス反応

㈿型アレルギー(遅延型)反応時間:24-27時間
接触性皮膚炎、薬物アレルギー、GVHD(移植片対宿主病)、ツベルクリン反応、金属アレルギー

とくに㈵型アレルギーは即効性(症状が出るまでの時間が短い、つまりすぐに症状が出る)があるので、
早急な対応が必要になります。
花粉症の人などはわかりやすいと思いますが、花粉を吸って目や鼻に症状が出るのは直ぐです。

また、特に㈵型は体の中に抗体があり、アレルゲン(抗原)が体内に侵入しすると
即時に抗体がヒスタミン産生したり、抗原の攻撃を開始したりまします。
症状としては血圧の低下、呼吸が早く浅くなる、全身に赤い発疹、赤みが出てくるなどです。
直ぐにアドレナリンを筋肉注射する必要がありますので、
ためらわず救急車を呼ぶことをおすすめいたします。

投稿者: wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です