お子様の口元が気になるお母さんへ

唇や頬の筋肉の状態や舌のくせが、将来の歯並びに大きく影響することをご存じですか?
歯は外側からはほっぺたや唇から力を受けており、内側からは舌の力を受けています。
つまり外と内から加わる力のバランスによって、歯の並ぶ位置が決まると考えられているのです。
(業界的にはこれをバクシメーターメカニズムと言います)
(ちなみに総入れ歯が外れない理由の1つとして、この筋圧中立帯を調べ、そこに設計しているからということがあります。)

乳歯から永久歯に交換する時期は、将来の歯並びを左右する大切な時といえます。
もしもこの時期にほっぺたや唇にへんな”くせ”がついてしまうと、
外と内の力のバランスが崩れてしまったりする可能性があります。

口呼吸

テレビを見ている時や何かに集中している時の口元を観察してみます。
このように唇が開き、口の周りの筋肉がゆるんでしまっている状態に
なっている時は注意が必要です。
前歯がどんどん前に突き出てしまい、いわゆる出っ歯になりやすいのです。
口呼吸のような状態が見られたら、口をふさいできちんと鼻で呼吸が
できるか確認をして下さい。

慢性鼻炎やアレルギーがあったり、または、のどの奥の扁桃が大きかったりして
鼻呼吸ができない場合もあるからです。
鼻呼吸が問題なく出来れば、口を閉じて呼吸できるように指導していくことが大切です。

唇をかむくせ

下唇をかむくせがあると歯並びへの悪影響は大きいと考えられます。
こうなると、下の歯は舌の方に倒れ(舌側傾斜)、上の歯は出っ歯(唇側傾斜)になります。
生活上の不安や、なんらかの精神的ストレスが原因である事も少なくありません。
唇をかむくせは、なにげ無くやってしまう癖ならば、気づいたらやめるようにと、
子供の心を傷つけないようそっと注意してあげることが大切です。
口元の悪いくせは、なるべく早期に解消していくことがきれいな歯並びをつくる上で
重要なのです。

指を吸う癖

専門用語では弄指癖や吸指癖ともよびます。
日常ではわからなくても、吸いすぎによって手の甲の親指の関節下あたりに「タコ」があることが多いので、
見分ける際のポイントになったりまします。
これもやはり下の歯は舌の方に倒れ、上の歯は出っ歯になります。

舌突出癖(異常嚥下癖)

赤ちゃんはおっぱいを飲み込む時、おっぱいをくわえたまま飲みこむので、
舌を前に出した状態で飲めるようになっています。
ただ大人になるにつれてこの乳児型嚥下はなくなります。
生後5〜6ヶ月頃になくなるのが一般的で、このころが離乳食を始める目安になります。
これ以降の飲み込み(嚥下)では、舌は上顎(硬口蓋)にくっついている状態が正常です。
しかし、乳児型嚥下が残っていたりして飲み込む時に舌を前方に出す癖がある人もいます。
この場合、上下の前歯とも唇側に傾いてしまいます。

投稿者: Kimura Tomohiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です