あごの骨を育てよう

食生活や生活習慣の変化で、歯並びに問題のある子どもが増えています。
矯正治療に対する保護者の関心も高まっていますが、幼い時からの育児中の
ちょっとした心がけでしっかりあごの骨を育てれば矯正もいらないかもしれません。

理想は「すきっ歯」

明確なデータはありませんが、感覚的にあごの小さい子が多くなっているように感じます。
永久歯は乳歯の1・2倍ほど大きいので、永久歯の生え始める前の4・5歳児で望ましいのは「すきっ歯」です。
ヒト口の中にはもともと次のようなすき間があります。

霊長空隙:上顎では3番目と4番目の乳歯の間、下顎では2番目と3番目の乳歯の間にはもともとすき間があります。
発育空隙:顎が成長していく過程で乳歯と乳歯の間にすき間ができてきます。

特に1番前の歯同士は、永久歯の3番目が1番目の歯の根っこを圧しながらはえてくるため、
左右に広がってすき間が大きくなります。
業界的には「みにくいアヒルの子時期」とも呼ばれていますが、必要なすき間です。

ただ、注意して欲しいこともあります。1番目の歯同士のすき間を正中離解と言いますが、上唇小帯(上唇をめくった時のスジ)の高位付着によるものや、余分な歯ができてしまい埋まっているのが原因のもの(過剰歯の埋伏)や、
2番目の歯の先天的な欠如が原因になっているものもあります。

つまり、正中離解がただの「みにくいアヒルの子時期」によるものなのか、
他に原因があるからなのか、7歳〜9際くらいの時期に一度調べてもらうことをおススメします。
また、乳歯の3、4、5番目には側方空隙(リーウェイスペース)という空隙もできているのが自然です。
(この他、顎間空隙というものがあり、歯がはえていない赤ちゃんの上下の歯茎の間には、おっぱいを飲みやすいようにもともとすき間があります。)
このすき間が失われる原因は顎が小さく、スペースが足りていないということもありますが、(ちなみに小児歯科や矯正歯科ではこの顎の大きさや歯の大きさを計測し、また予測し、治療します)むし歯によって乳歯を早い時期に失ってしまうことでもスペースの不足が起きてしまいます。

歯が抜けてしまうと次の2つのことがおきます。
㈰抜けた歯よりも奥の歯が、抜けた部分に向かって倒れてきます(近心傾斜)
㈪抜けた歯の反対の顎でかみ合っていた歯が、抜けた部分に向かって出てきてしまいます(挺出)

少し前に話しましたが、小児歯科ではむし歯やケガなどの外傷によって早い時期に乳歯が失われてしまった場合、
スペースを維持するためにいろいろな装置をつかって治療します。
これがいわゆる保隙装置というものになります。

つまり、乳歯から永久歯にはえ代わったときに、その歯がきれいに並ぶかどうかは
このすき間にかかっているといえます。
ですが最近は、歯間の空いている子の方が少数派のようです。
育て方一つであごは大きくすることができます。

また、人がモノをかむ時の筋肉を咀嚼筋(そしゃくきん)と言います。
咀嚼筋は外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋、側頭筋があります。
この中で側頭筋は、頭蓋骨の側頭骨全般にくっついていて、下顎の骨にもくっついています。
人間は木の上から地上に降りたことで、柔らかいものを食べるようになり、この側頭筋の量が少なくなって頭蓋骨が大きくなることができ、その中の脳も大きくなれたと言われています。
オラウータンなどは硬い木の実などをかみ砕くので側頭筋の量が2?もあるのに対し、人間はわずか250g程度です。
それでも昔は1度の食事に数十分から数時間かけていたと言われています。
卑弥呼の時代の食事は2時間、現代人は20分というデータもあります。
学校給食は授業のカリキュラムの都合上短くなり、明らかに現代人の顎は小さくなっています。
顎の骨が小さくなることでその骨の上に並ぶ歯のスペースも狭くなってしまいます。

歯並びは一生もの

きれいな歯並びはなぜ大切なのか。
例えるなら、かみ合わせが悪いのは、切れない包丁で毎日調理をしなければならないようなものです。

歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすいですし、本当に大変なのは年を取ってからです。
入れ歯やインプラントが壊れる人などのデータを集めると、7割は歯並びが悪いそうです。

正しい方向に均等に力が加わらないため、局所的に力のかかる部分は40代以降に問題を起こしやすくなります。
歯並びの大切さは、歯がなくなるまでではない。一番困るのは、歯がなくなった後なんです!

投稿者: Kimura Tomohiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です