レーザー歯科治療ってなんだ?

歯科におけるレーザ—には、診断用レーザーと外科用レーザーがあります。
診断用レーザーは、虫歯かどうかあやしい箇所に当てる事で予防か治療かの方針を容易に立てる事ができます。
外科用レーザーは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌を殺菌する事や外科用メスとしてその大きな効果を発揮します。

歯科レーザー治療は、痛みが少なく従来の治療方法に比べ回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも
効果あるといった特徴が挙げられ、無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのも大きなメリットです。

◆歯科レーザーで行う主な治療
・歯周病の治療
歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。
一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければならなくなるケースも。
歯周病のレーザー治療では、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。
歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、
健康な引き締まった歯茎を再生します。

・神経の治療
強い痛みがあったりして歯の神経までダメになってしまっている時は、「歯の神経」を抜かなければなりません。
レーザーを使えば、根っこの中をきれいに殺菌して、炎症を早く鎮める事ができます。
根っこの先まで確実に掃除をする事ができるので、根の先端にできてしまった膿の袋もきれいに治ります。

・虫歯の治療
レーザーを使えば、虫歯を取り除いた後、目に見えない細菌をレーザーで、より確実に殺菌する事ができます。
そして詰め物をする事で、虫歯の再発防止に効果発揮します。

・口内炎の治療
口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、接触痛を早期に治す事ができます。

・知覚過敏の治療
虫歯ではないが、歯の根元が露出したり、えぐれてしみやすくなる状態を知覚過敏と言います。
通常はレジン樹脂をコーティングして処置しますが、境目が少し盛り上がってプラークがたまりやすく
歯肉炎をおこしやすい場合は、レーザーで処置する事もできます。

◆そもそもレーザーとは??
Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation (輻射の誘導放出による光増幅)の頭文字をとったものです。
専門用語での解説では、単一の位相・波長でエネルギーを持った光のことである、とあります。
簡単に言ってしまえば、反射力の違う鏡を両側に置いた状態で光を発生させ、反射力の低い(透過力が強い)方から光を取り出すことです。

光の波長によって体などへの影響が変わってくるので、利用目的が変わってきます。
・波長が長いレーザー:Nd:YAG・Er:YAG・CO2
表面で吸収されてエネルギーはそこで爆発
切削・切開に使用

・波長が短いレーザー:Xe・Ar・He-Ne
浸透して奥に到達
コンポジットレジンの光照射・知覚過敏の緩和

・中間波長のレーザー:半導体(Ga-As)
う蝕検査用

投稿者: wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です