プラークコントロール、毎日してますか?

プラークコントロール、毎日してますか??

プラークとは
「歯垢(しこう、Dental plaque)のことであり、
一般に歯の表面に付着した黄白色を帯びた粘着性の物体のことを指す。
厳密には歯牙との接触面は獲得被膜ペリクルと呼ばれる被膜で覆われており、
その上に形成されたものが歯垢である。」
とあるように、小さい菌どうしはバイオフィルムで集まって塊(かたまり)となって、
歯にくっついています。これを歯垢(プラーク)といいます。
つまり、プラーク=菌となります。
ちなみに、バイオフィルムとは菌が作り出すもので、
台所やお風呂の排水管のネバネバした部分です。
細菌が菌体外多糖という物を作って堆積した非常に取りにくい細菌の固まりです。

このプラークが唾液などに含まれるミネラルと結合して硬く(石灰化)なってしまったものを、歯石とよびます。
そして、この歯石は通常歯ブラシなどではとることはできません。
しかも、歯の表面だけでなく、歯と歯茎の間(歯肉縁下)にもできてしまいます。
こうなると歯科で専用の機械で除去するしか方法はありません。

プラークコントロールとは歯周病や虫歯の原因になるプラークを取り除く治療のことです。
プラークコントロールで一番大事なことは食べたら磨くという習慣をつけることです。
ポイントは正しいブラッシングでプラークを取り除き、
歯周ポケットをつくらないことです。
歯と歯の間は歯間ブラシ、もっと狭い隙間はデンタルフロスなどを補助器具として使います。
歯みがきで取れない歯石は歯科医院で専門の器具を使って除去してもらいましょう。
歯周病も重症になると外科手術が必要になることもあります。
※出血や腫れがひどい場合は、抗菌薬を塗布したり内服したりすることもあります。
歯みがきの習慣と規則正しい生活が歯周病を予防してくれます。
不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで
抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。
今日寝る前の歯磨きはいつもよりしっかり磨いてみましょう!

最後に、プラークコントロールの指標となる代表的な検査についてお伝えしておきます。
プラークコントロールレコード(Plaque Control Record:略してPCR)と呼ばれるものです。
歯周病に関する指数の一つで、歯頸部(歯肉に近い部分)の歯垢の有無を判定する簡単な方法です。
まず、歯垢染色液という特殊な液で歯垢を染め出します。
歯を便宜上4分割して、それぞれ歯肉に近い部分に歯垢があればチェックしていきます。
(唇側、舌側、正中線に近い側、正中線から遠い側)
その数値の合計を全部の歯の本数×4で割って割合(%)を出します。
お口の中の清掃が良くできている人は20%以下が目安となります。
実際に歯医者さんでチェックしてもらってみてはどうでしょうか??

投稿者: wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です