脳血管疾患

今回は、いわゆる脳梗塞や脳出血などの脳血管障害(脳卒中)について書いていこうと思います。
脳の病気についての知識があれば、急を要する脳血管障害(脳卒中)の病気において、
いち早く身近な人の変化に気づけ、1人でも多くの患者さんを救えることができるかもしれない。
そんな思いで今回の記事を書いていきます。

先ず初めにかんたんに言葉の説明をしていきます。

1.虚血:組織に動脈からの必要な血液供給量が減少あるいは消失すること
 ※貧血:単位容積の血液中に含まれる血色素量が正常以下の場合

2.梗塞:虚血を原因とする器官・組織の壊死
(1)貧血性(白色)梗塞
   腎臓、脾臓、心臓など終末動脈(その先は別の動脈とのつながりがない)の支配を受けた組織で、
   動脈の閉塞部位を頂点とし、臓器表面を底面とした円錐形の限局性灰白色壊死を形成
(2)出血性(赤色)梗塞
   一般に血液の二重支配を受ける臓器(肺、肝臓)では、
   一方の動脈(肺動脈、肝動脈)が閉塞し梗塞を生じても、
   後に他方の血管(気管支動脈、門脈)から梗塞巣に血液が流入し生じる
   ※腸では門脈圧が高いため、梗塞部に門脈血が還流して生じる

3.塞栓:栓子(血塊などの塊)が血液中に流れだし、その塊によって血管が塞がれ、血流が遮断されてしまうこと

4.うっ血:静脈血の還流が妨げられ、局所に血流が貯留した状態

5.充血:動脈血の還流が妨げられ、局所に血流が貯留した状態(うっ血との比較として)

次に、脳血管障害(脳卒中)の現状については次の通りです。
日本人の死因4位(約8.7%)
寝たきりの原因1位
※介護理由の1位は認知症

脳血管障害(脳卒中)の分類
①虚血性
 Ⅰ.脳梗塞
  ⅰ.ラクナ梗塞:高血圧の患者さんに多い
  ⅱ.アテローム血栓性脳梗塞:高血圧、糖尿病、脂質異常症の患者さんに多い
  ⅲ.心源性脳塞栓症:心疾患や心房細動(非弁膜性)の患者さんに多い
 Ⅱ.一過性脳虚血発作
②出血性
 Ⅲ.脳出血
 Ⅳ.クモ膜下出血

脳卒中は治療の遅れが命にかかわってくる病気です。
脳卒中の症状は突然現れることが多く、徐々に悪化していきます。
早急に119番に電話することが大切です。
症状が軽くても自分で運転して病院に向かうことは危険です。
最近では、簡単に覚えることのできるFASTという標語で、
脳梗塞を含む脳卒中を疑うための「ACT-FAST(アクト・ファスト)キャンペーン活動」が展開されています。

Face:顔の麻痺(顔の片側がさがる、ゆがみがある)
Arm:腕の麻痺(片腕に力が入らない、下がる))
Speech:ことばの障害(ことばが出てこない、ろれつが回らない)
※以上のうち1つでも症状が出ていれば可能性は高いので早急に119番に電話しましょう。
Time:発生時刻

少しでも異変に気づいたら、ただちに専門病院を受診しましょう。

投稿者: wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です